梅雨入りしてきた地方もあるし夏はすぐそこまで来てますね!

海とかプールに行って堂々と脱げる体目指して筋トレしていきましょう!

こんにちはこんばんは。あうぷです。

家で筋トレするときの器具とか道具について考えてみました。

家でトレーニングするときに必要なもの

フラットベンチ


こういうのですね。腹筋だったり片足でスクワットする時に足を載せる台にしたりいろいろと便利です。ダンベルがなくてもあるとトレーニングの幅が広がります。

角度が付けられるベンチもあるけど、ああいうのは筋トレ上級者向けだと思っています。フォームだけじゃなくてベンチの角度などいろいろな知識が必要になってくるので最初に買うものではないと思ってます。

ダンベル

MRG 可変式 タンベル 24kg 2個セット アジャスタブルダンベル セット 2.5~24kg 15段階調節 ダイヤル 可変ダンベル [1年保証] (レッド)
MRG(エムアールジー)

今下の商品のようなは形の可変ダンベルが増えてきました。ワンタッチで重さを変えられるので楽です。ちなみに僕は上のネジを回して止めるものを買いました。理由としては重量が物足りなくなったらプレートを買い足せば重量を増やせるからです。
ダンベルとフラットベンチがあれば大体のトレーニングはできるようになります。

僕はフラットベンチとダンベルで家で筋トレするときは小さな筋肉をメインでやっています。足とか背中になるとジムに通ってるならジムでやるのが効率的な気がします。

ダンベルを買うならMotionsがおすすめ

やっぱりワンタッチで変えられるのは便利ですよね。1回だけ使った事あるけど簡単に重さ変えられるのでストレスは全く感じなかったです。

値段の高いものはものすごく高いけど正直そこまで良いものを買う必要はないと思います。Motionsさんは定期的にキャンペーンなどで安くなるのでamazonなどで買うより安くなるときがあるのも見逃せないポイントです。

どんなダンベルにすれば迷っている人にはお勧めです。
ジムに通ってる人でも家にダンベルあるとちょっとした空き時間にも筋トレできるので案外使うときはあります。

でも気になる点が少しあるのでまとめました。

Motionsの可変ダンベルのデメリット

横幅がちょっとでかい

・台にちゃんと戻さないと重さが変えられない

・ネジで締めるスピンロック式よりは高値

・膝の上にダンベル乗せて持ち上げられない

Motionsの可変ダンベルのメリット

・楽。ストレスがないからちゃんと追い込める

手が痛くなりにくい加工をしてあるのが嬉しい

握りやすいグリップ

・細かい重量設定もしやすい

ちょっと本格的に器具をそろえたい人はファイティングロードがおすすめ

ダンベル・バーベル・サンドバッグ


ダンベル、バーベル、サンドバッグなどを販売しているファイティングロードってしってますか?ジムにあるようなマシンを少し小さくしたようなものから、サウナスーツのようなものまで販売している会社です。

amazonや楽天などでいろいろ買いそろえていくのも楽しいかもしれないけど、こうやってちゃんと販売しているところで揃えちゃうのが案外安上がりだったりするし、いざっていうときの保証なども考えると安心です。

体鍛えたいけどジムに行くのはちょっと・・・っていう人はここで揃えちゃえばいいと思います。ジムにかかる月会費とかジムでの順番待ちを考えたらコスパはいいのかもしれないです。

唯一問題があるとすれば、ジムに行くってやっぱりテンションあがるんですよね。家でずっとトレーニングするならモチベの維持に自信がある人じゃないとちょっときついかもしれないです。

時間がある時にジムに行かない理由

僕は今いつでもジムを利用できる会員になっています。プランによっては週末だけとか、昼間だけとかいろいろあります。

いつでもジムを利用できる会員なのに、なんで時間あるときにジムに行かないのか。

それは今の目標がマラソンだからです。マラソンといっても5kmか10kmを良いペースで走れるようになりたいって感じです。

走ることを目的にするならやっぱり走らなきゃだめです。もちろん筋トレもするけど、筋トレだけじゃ走れるようにはなれません。やっぱり自分の目的にあった鍛え方しないと目指してる体にはなれませんよね。

僕はジムで高重量扱ってでかい体の人見てかっこいいと思うし、逆に長距離選手のような細い体も美しいと思います。他のスポーツ選手でもスポーツによって体つきが全然違うから面白いです。

もう一つの理由は、慣れあいたくないからです。仲良くなるのはすごく良いことです。だけどお喋りしに行くわけではないですよね?お喋りばっかりしている人たちをみると、それ別にジムじゃなくていいじゃんって思っちゃうときあります。

楽しみ方はひとそれぞれなのでそういう楽しみ方を否定するつもりはないですが僕はそういうのは目指したくないですね。お金払って時間使ってるんだからちゃんと納得する効果だしたくなっちゃいます。

 

今回は家でトレーニングすることについて簡単に考えてみました。少しでも読んでくれた人の参考になれば嬉しいです。

ではでは最後まで読んでくれてありがとうございました!