ジムに行くのを自粛してる間にいろいろ勉強したいと思って今まで見てこなかった分野を見ています。

こんにちはこんばんは。あうぷです。

バランスの良い食事していますか?

カット野菜やお弁当に使われる水煮の危ないところ、デメリット

原産国、生産地の表記の問題

たとえばキノコ類。原木や菌床を海外から輸入して日本で栽培したら国産。何が問題?と思うかもしれませんが、原木などに非常に強力な薬剤が散布されている可能性があります。

他にも、輸入した食材を国内で加工したら当然、国内加工になります。まるで国産かのように思えちゃいます。

海外から輸入されるものは検疫を突破しないといけないので非常に危険性の高い消毒をしている可能性があります。もちろん問題ないものもあります。検疫で虫や病気などの問題が見つかると、燻蒸消毒をされたり、輸出元に送り返されることもあります。場合によっては費用は輸出元の負担になるのでなんとしてでも検疫を問題なく通過させる必要があります。

カット野菜やコンビニのお弁当ってなんで色が変わらないの?

これを不思議に思う人が少ないのが怖いです。だって普通は痛みますよね。

腐らないように痛みが出ないように、丁寧に何度も水洗いをして薬品などを使って品質を維持しようとします。ph調整剤などと表記されているものが代表的ですね。

保存料、合成着色料は使ってません!という謳い文句は非常によく見かけますが、裏を返すと、それ以外のものは使っています。ということ。

なるべくロスをすくなくして、食中毒などの可能性を0にしていくにはしょうがないことなのかもしれませんが、そういう食べ物が体に良いとはとても思えません。

たんぱく質糖質脂質以外の栄養素、ビタミン、ミネラルにも目を向けよう

筋トレやダイエットをしているとPFCバランスは非常に気にするようになりますが、それ以外にも気を付けないといけないことはたくさんあります。

ビタミンはいろいろなサプリから摂っている人は多いです。特にたんぱく質を多めに摂っている人はビタミンB群のサプリなど気にしている人は多いです。

ビタミンB-100 (Bコンプレックス)タイムリリース 100粒 NOW Foods(ナウフーズ)
created by Rinker

ではミネラルはどうでしょう?ミネラルの成分は栄養成分表には表記されていないことが多いので特に気にしていない人が多い印象です。

5大栄養素と言われているのにミネラルは割と軽視されちゃいます。その理由は他の栄養素と比べて1日の摂取量が少ないからだと思います。

とは言っても人にとってはとても大事な栄養素です。

カット野菜や水煮されたものは栄養素が少ない

ものすごく簡単な理由で、水溶性の栄養があるからです。ビタミンBやCが有名なところですね。

水溶性の良いところは、多めに摂取してしまってもそのうち尿などで排出されてしまうというところです。なのでサプリなどで多少多めに摂っても気にしなくてもいいです。

そして水溶性は水に溶けるということ。つまり何度も洗われてしまうカット野菜や水煮の食材からは当然溶けだしてしまいます。

水煮ってあまり馴染みがないかもしれませんが、レトルト食品に使われている食材におおいですね。

栄養成分表示に疑問。品種改良で栄養成分は変わっている

野菜や果物の栄養をを調べるといろいろ細かく出てきます。

果たしてその数字は正しいのか。

品種改良された野菜や果物は以前と比べて非常に甘味が増しています。甘味が増したという事は糖質が増えています。

その反対で苦みや酸味は少なくなってきました。苦みなどは体に良いとされている栄養素が引き起こしていることが多いです。

 

あまりいろいろ調べていると食べるものがなくなって来ちゃいそうだけど、正しい知識は絶対に必要だと思っています。

今日はとりあえずこのへんで!最後まで読んでくれてありがとうございました!