連休最後だけど寒いのか天気のせいかあまり人混みがなかったように思えます。
人混みが苦手な僕にはラッキーでした。

こんばんは。あうぷです。

最近ネットに情報が出回りすぎてて何が正解か不正解かがわかりにくいと感じることはありませんか?
検索上位にきているからと言って正しいわけじゃないですよ。

仕事していてお客さんから
ネットにはこうやって書いてあった!こっちが正しいんだ!
って言う人に会ったことある人も多いんじゃないでしょうか?

でもそういう人を見ているにも関わらず自分でもネットの情報を信じちゃうときもあります。
気楽に聞いたり相談したりする相手がいないときはしょうがないと思います。

ネットで調べものするときに注意しないといけないことは、その記事を書いている人ってどんな人かわからない。ということです
アフィリエイトのブログを始める人も増えて、収益のことだけを考えて検索されやすい言葉入れて、差別化するためにデマの情報を書くってのも考えられることです。

本当はこの問題はネットに限らず、顔合わせて話すときにも起こっていることです。
声の大きい人の意見が正しくなったり、それっぽい雰囲気の人の言うことは合っているとおもったり、いろいろそういう状況はありえます。

これは実はネットでの情報のほうがあやしいって見抜きやすいんです。
自分自身で検証してないことを記事にしている。
数字や理論をそれらしく書いているけど裏付けがない、ソースもない。
書いてる人の技術レベルがわからないのにそれらしく書いている。
などなど。

じゃあどういうものが信用できるか。
自分自身で使って検証したものをレビューにしたり記事にしている。
論文などちゃんとした裏付けがある。
自分の作品だったり商品だったりその人を信用できる材料がそろっている。
などです。

こうやって書いていて僕の一番信用できるネット上での情報は
ずばり!
筋トレ系のyoutuberさんたちですね。
肉体晒してトレーニングしてるとこも動画あげてすばらしいと思います。
他にも物を作っているところを動画にしてたり過程をブログなどに載せていたり。

あ、そうすると、お前のブログはどうなんだ!!って言われちゃいますよね。

そこはもう数字や理論的な内容、レビューは書かないようにしていこうかなって思ってます。気持ちだったり単純な感想だったり。なるべく誰にも簡単にわかってもらえる内容で書いていきたいです。

今日の内容はネットで調べものするたびにずっと感じてた不信感というか疑問というかそういう気持ちなので気になったことを書いてみました。
正解不正解はわからないときは、その人をちゃんと信じられるのかちょっと気にしてみてくださいね。

ではではまたお会いしましょう!